Latest Entries

新ブログを開設しました。

新しいブログを開設しました。

小さいって面白い! - Ver.34's report -

自転車・バイク・読み物などについての雑記ブログを細々とやってきましたが、
当初とはやりたいことや書きたいことが徐々にずれてしまいました。

ずれを解消するにあたって、
今後のこともあるので、新しく別にブログ開設することにしました。

ここは、僕にとってはとても大切な場所ですので、このまま残し、
今後は新ブログで書いていきたいと思っています。

これからもよろしくお願いします。
新ブログに遊びにきてくださいね!

平成29年05月04日 管理人:Ver.34

折り畳み自転車 で 夜散歩

2017043001_01.jpg
BS スニーカーライト SNL163 Dwarf galaxy号

4/30 

購読紙の契約が切れたままになっていたことを日曜の夕方に思い出した。
買い物ついでに新聞の販売店に寄って、契約をしてみることにしようか!
このご時世に、なんていいお客さんなんだろう (^-^)/ ・・・そうでもないか。

販売店に寄ったら、配達員のお兄ちゃんに、
「なんてワイルドな恰好してるんすか」なんて言われちゃったよ。

クリアーの花粉用メガネに、自転車用のグローブ&薄手の上着を着て、
乗ってきたのは 普通の折り畳み自転車 ・・・ 面白かったみたい!

橋の上を夜風に吹かれながら走る。なかなか気持ちがいい。
無理して車道を走るようなことはせず、歩道をのんびりと走る。
街中と違って、橋の上は空が広く、遥か彼方まで見通せて、
小さな自転車ごと宇宙に吸い込まれそうで、そんな錯覚もなかなか楽しい。

いまここに、芝の原っぱがあったなら、大の字に寝転がって、
夜空の星々に想いを馳せながら、宇宙にスーっと、吸い込まれていたに違いない。

よし今度、高原に美しい星でも見に行こう!
小さい自転車で行ったら、面白いだろうな!

2017043002_01.jpg

Kawasaki KSR110 弦月号 チェーン張り

2017042801_01.jpg
Kawasaki KSR110 弦月号

4/28

通勤時、スロットルのオン・オフでのギクシャク感がそこそこ増してきました。

仕事を終えて、夜遅くの帰宅なんですが、作業の先延ばしもそろそろ限界、
よし! やっちゃいましょう ここいらで! と、チェーンを張ることにします。

いつものビールケースに愛機のお腹を載せて、ピンを外してシャフトを緩めて、
スイングアーム後端のダブルナットの外側を緩めて、
内側を左右ともチェーンの張り具合を見ながら少しずつ締めます。

整備上手とはいえない僕ですが、このぐらいのことなら出来ます!

チェーンの張り具合、スイングアームの目盛り、チェーンラインを確認して、
ダブルナットを締めて、シャフトのナットを締めて、緩み止めのピンを入れて、
作業完了です!珍しく一回で決まりました!・・・整備センス・・・ないもので。
( チェーンの張りが キツ過ぎたり 緩かったり いつもは微調整に手間取ります💦)


2017042802_01.jpg

大型のバイクじゃ、こうはいかないでしょうね・・・僕の整備じゃ恐ろしくて・・・。
チェーン用のオイルを丁寧に塗って、ウェスで余分な油を拭きとります。


2017042803_01.jpg

現在の走行距離は 60724km。
1/14にチェーンを交換したときは 59196km ですから、その後 1528km 走っています。

小さいバイクって、僕でも整備出来るし、やはりというか、面白い!

まだまだ、走ろうぜ!

ほんとに建つのかな

2017042201_01.jpg
ほんとに建つのかな
著者:内田春菊 発行:2007/09(刊行:2004/06 祥伝社) 講談社文庫
(25)

本のタイトルで手に取り、著者の名前を確認して、
パラパラとめくってみて、面白そうだと思ったので、読んでみることにしました。
内田春菊さんといえば、漫画家として有名ですが、女優もされていることを知り、
写真を見たら「おおっこの人見たことある~」と、今更ながら思った次第です。
ご自身のご自宅を建てるに際して、そこに至るまでのストーリー、
工事が始まってからの人間模様や背景などなど、
コミカル&シリアスな漫画や文章で 家づくり が描かれています。
文庫化されているので、漫画のコマに書き込まれいる手書きの文章が小さくて、
読むのに少し難儀しました(笑)。

読んで気になったところ

P274~の解説文 太田充美(ボッテガ・ベルタ代表取締役)

 これから家を建てられる方に知っていただきたいのは、設計事務所とは、お施主様の代行として仕事を行う者を指すということです。お施主様も財産と命を預けているという覚悟と信頼があってこそ、いい家ができます。(P279)


改めて、大切なことだな・・・と思いました。

あたり前の家がなぜつくれないのか?

2017041901_01.jpg
あたり前の家がなぜつくれないのか?
石油化学建材に頼らない、長く使える家
企画:塩地博文・大菅力 取材・文「あたり前の家」ネットワーク事務局 撮影:渡辺慎一
発行:2006/02 エクスナレッジ
(24)


読んで気になったところ


特別インタビュー 建築家・奥村昭雄さんが語る「あたり前の家」
 家は建てないですむなら建てない方がいいんです。家はすでにあまっています。また家を建てたいと思っている人も、家がないわけではなく、住んでいるところがあるわけです。必要のないものを建てても無駄ですし、環境のためにもよくありません。また、家を建てるには莫大な資金がかかります。人生の余剰金をすべてつぎ込むことになるのです。お金をかけずにすむならそれにこしたことはありません。もち物を減らすだけでも暮らしやすさはずいぶん変わります、リフォーム(増改築)という手もあります。(P128)

専門家に聞く 早稲田大学教授・尾島俊雄
 地場の材料、地場の木材、地場の土、地場の石・・・・・・。こうした材料は地元にあるもので、ごみにはならないものです。地元にもともとあったものなのですから。(P137)

専門家に聞く 東京大学教授・安藤直人
 一口に「輸入材」といっても、いろいろな木材で家をつくる時代を経験してきました。「あたり前」というのは、そのときどきの世界経済や資源状況と密接に関係しているわけです。
 (中略)国産材を使うことで、山の環境を取り戻していく、そういう仕組みをつくる必要があります。しかもそれを、日本経済の仕組みのなかで整えていく。そうでないと安定しません。経済行為に組み込まないとだめです。(P139)
 (中略)木材は中空のストローの束のようなもので、その中にある水が「自由水」、細胞と結合しているのが「結合水」です。つまり、含水率が25%くらいから15%くらいに落ちる過程で木材は縮みます。(P140)
 (中略)「あたり前の家」というのは、あたり前のように乾いた、信頼できる木材でつくるものです。そうした木材の供給が国産材ではまだ遅れています。
 (中略)担い手を育成しようと、東京大学農学科学研究科で2005年度から社会人修士課程「木造建築コース」を開設しました。設計事務所の人や材木屋の社長など8人が学んでいます。(P141)

 「あたり前の家」とは「?」のない家です。現在の住宅産業はすべてがこの「?」に包まれているといっても過言ではありません。こうしたなかで、「あたり前の家」を手に入れるには、信頼できる工務店や設計事務所を探す以外に方法はありません。(P156)
 (中略)そういったことを許容していたのは、家づくりに無関心だった、われわれ世間一般の建て主、建て主予備軍だともいえるのです。
 (中略)ゴミになる家をたくさんつくってきたことに愕然としたAさんは、石油化学建材を使わないで家をつくろうと決心しました。(P157)
 (中略)地域という視点がとても大切だということが分かりました。近くの山の木を使って、地域の職人さんたちで家をつくる。この循環をきっちりと築くことが、地域を育て、結果として住む人の健康に害を与えず、将来ゴミにもならない家が「あたり前」となる環境になるのだと。そして、この「あたり前」のように思える循環が、現在、ばっさりと切れていることも痛感しました。(P158)



 切れた循環をどうするのか、地域の職人の技量低下や枯渇、地場産材の低品質などなど、時代は元には戻せないものの、新しいやり方で結果として循環,職人,地場産材の問題は改善できると思うので、これからの家づくりにクライアント(建て主)の意識改革も含めて、古くて新しい「あたり前の家」が創れたら、素晴らしいんじゃないかな!と、思いました。

Appendix

プロフィール

Ver.34

Author:Ver.34
1966年生まれ 丙午 ♂
誕生日は本田宗一郎生誕60年後で、
一説によるとChar Aznableとも一緒だと
・ ・ ・ そ の 割 に は ・ ・ ・ ( T . T )
漕ぎ出しは脱走犬の如し?
 - Escaped dogs -

フリーエリア

アクセスカウンター

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR